ダイエット前に知っておくべき知識!顔の脂肪解消方法

  1. ホーム
  2. ダウンタイムのスケジュール

ダウンタイムのスケジュール

ウーマン

美容整形のダウンタイムとは?

美容整形につきものなのがダウンタイムです。ダウンタイムとは、施術後の腫れやしびれ、赤みや出血の症状・見た目の違和感が鎮まるまでの期間や施術後の行動制限が解除されるまでの期間のことをいいます。見た目の異常が改善されるまで長い期間かかってしまう手術や行動制限の内容によっては、働いている人が受ける際には長期休暇の申請が必要になるでしょう。長い期間かかる施術は避けたいと考える人も多いので、大阪の美容クリニックでは、ダウンタイムの少ない脂肪溶解注射のみのコースや特殊な方法でダウンタイムを短くする施術やケアを取り入れています。美容整形後は、術後の指示に従ってケアすることでダウンタイムを短くすることが可能です。

脂肪吸引のダウンタイムは?

大阪の美容整形クリニックでは、ダイエット目的で利用されている脂肪吸引にさまざまな方法を採用しています。それぞれの方法でダウンタイム期間は異なるので、施術でのダウンタイム平均を見てみましょう。大阪の美容整形クリニックでも多く利用されている、チューメセント法のダウンタイムは術後2週間から3週間ほどです。期間内には腫れとむくみが起きます。ベイザータイプの脂肪吸引では、ベイザーリポでの腫れ痛みが1週間程度、内出血が1~2週間程度、ベイザーハイデフの腫れ・痛みが1~2週間程度となっています。ボディジェット・ボディタイト・ウルトラゼットなどは内出血と腫れ・痛みが引くまで2週間~3週間ほどかかります。ハイパーインフレ―ト、エルコーニアレーザー、体外式超音波、PALなどは腫れとむくみが2~3週間ほど続きます。部位別の場合、顔が1~2週間の目安で腫れが引き、他の部位は2~3週間程度で腫れや内出血が治まります。

いつ施術を受けるべき?

基本的には旅行などを理由にした長期休みや育休、夏休みなどの休みの期間に施術を受けれるようにすると安心です。デスクワークなど、仕事の内容によっては、3日などの短い休暇を取って、施術を受けてから3日目以降を出勤するなどの方法を取っている人も多くいます。仕事内容や休みがどの程度取れるかなどに合わせて検討してみると良いでしょう。脂肪吸引の場合は、術後の圧迫を適切に行なって安静にしておくことが早く治る秘訣です。痛み止めを飲み、多少無理のない範囲でストレッチなどをすることにより血流を良くし、むくみにくくすることができます。アフターケアの適度なケアや抜糸のタイミングなど、スケジュールを立てた通りに守るようにしましょう。本格的なダイエットの再開はダウンタイムが過ぎてから行なうと良いでしょう。脂肪吸引の場合は、しばらくは圧迫する必要があり、圧迫下着などを用いて脂肪を抜いた空洞をぎゅっと押し込みます。そのため、圧迫下着を着ている期間は激しい運動は難しいです。ダイエット再開する場合はダウンタイムが過ぎて、圧迫下着を着なくても良くなったころから始めるのがオススメですよ。一度、大阪の美容整形クリニックで脂肪吸引施術を受け、その後に適度な運動を取り入れる他、食事バランスを改善することで高いダイエット効果を得ることができるでしょう。